Hokusai
Project

北斎プロジェクト宿案内

森羅万象を描いた葛飾北斎。

北斎は80歳をすぎてから、江戸から信州小布施まで4往復もしています。
「ぷれじーる」がある菅平・峰の原高原を通る大笹街道は、その道中のうち最も標高が高く難所だったと言われています。

魅力的な生涯や、およそ70年にもわたって描き続けられた多彩な作品がますます高い評価を得て、世界的な芸術家として広く注目されている葛飾北斎。
その健康長寿と、森羅万象を描き続きた生命力は現代に生きる私たちにもエネルギーを与えてくれる存在です。

北斎の名前は、北斗七星にも由来しているそうです。
ぷれじーるのミッションは、星空の美しい高原で、北斎の描こうとした世界観を感じながら「喜び」の空間を創り、出会いと気づきの場を提供すること。
お客様の長寿・健康、生命力の源となる、表現(芸術)と食をテーマに、自然界とのつながりや、そこから共創されることや発信される波動を、グレートウエーブのように広げていけたらと願っております。

今後のイベント

現在予定されているイベントはありません。

アーカイブ